山本労働安全コンサルタント事務所 - 〈システム安全修士〉   
 長年、製造業で培った経験とコンサルタントの知識を活かし、製造業の安全診断を行います。 診断結果は報告書だけではなく、別途報告会をもって説明致します。ぜひご相談ください。詳細は「安全診断の流れ」をご覧ください。
こんな時にコンサルタントを使ってください。
  • 労働災害が発生したとき
  • 安全衛生管理特別指導事業場の指定を受けたとき
  • 計画の届出をするとき
  • 労働安全衛生マネジメントシステムを導入するとき
  • 機械設備や化学物質のリスクアセスメントを行うとき
 
  • 機械設備や作業環境の改善を行うとき
  • 安全衛生講演や安全衛生教育の講師が必要なとき
  • 安全衛生管理規程や作業手順の作成をするとき
  • 安全衛生管理活動を活発にしようとするとき
  • 健康診断や作業環境測定に関すること
(一般社団法人 
            日本労働安全衛生コンサルタント会)
労働安全コンサルタント登録番号 機-第708号
CSP労働安全コンサルタント(第351号)
(Certified Safety Professional Consultant)

CSP労働安全コンサルタントとは?
生涯研修制度において、その分野の専門家の証として評価された称号です。
労働安全コンサルタントであって生涯研修記録(CPD)が一定以上のレベルを取得し、継続的に研鑽を積んでいると認定された労働安全コンサルタントにその称号の使用が許可されています。専門事項の依頼の際、参考にしてください。