山本労働安全コンサルタント事務所 - 〈システム安全修士〉   
〈安全診断の流れ〉

1.ご依頼により、日程及び時間を決定します。
  極力、稼動中の時間帯をお願いします。
  診断時間は工場の規模にもよりますが、従業員50人前後で1時間半から2時間を目安にお願いします。
  建屋が離れている場合は、移動時間も考慮してください。
  午前、午後と連続でも構いません。または午前9時30分から、午後13時30分からという時間帯でお願いします。

2.診断時は、作業服、ヘルメット、安全靴は持参します。それ以外の保護具等が必要な場合は事前にお打ち合わせさせ
  てください。
  診断中はどなたかご案内をお願いします。また、報告用として差支えない程度で写真撮影をお願いします。
 
3.診断後、簡単なまとめと報告を30分程度行います。ここで、確認事項も聞き取りしたいと考えています。できれば安全
  担当者と各部署の責任者の参加をお願いします。

4.報告会の日程等を決定します。出席者は事業所のトップ、部課長、安全スタッフでお願いします。
  よって、時間帯は17時からとか18時からでも構いません。ご相談によります。
  時間は1時間から2時間以内で行います。ここで、なぜ指摘事項の詳細を説明します。
  また、ここで使用したプレゼン資料は貴社に提供します。社員教育等に活用してください。

5.別途書面にて報告書は送付します。

以上で安全診断が終了します。


尚、製造業以外でも、林業、建設業、大規模小売店、介護施設、産業廃棄物関連、運送業等、対応可能です。

料金は「料金について」のページを参照ください。内容、規模、ご予算等により相談させてください。