山本労働安全コンサルタント事務所 - 〈システム安全修士〉   
マイブログ

今年の仕事始め

2018年1月16日
 今年の仕事始めは、中災防KYTトレーナー研修のコーディネータからです。
各社、大勢の受講者を派遣していただき、ありがたいことです。
 昨今、災害が多いような気がます。危険予知をしっかり行ってほしいと思います。

2017年が終わりますが・・

2017年12月30日
 2017年も終わりますが、率直な感想として、労災が多くなっていませんか。景気がいいのでしょうか。この会社で?という事故や災害が発生しています。また、風の噂では、小さなケガも多く発生しているようです。ケガは過去に必ず同じような事が起きており、その繰り返しが発生していること。けっして新しい災害はごくわずかであるということを再認識してください。
 おかげさまで色々な会社から声を掛けていただき、仕事をさせてもらいました。感謝するとともに、ぜひケガや事故のない安全で快適な環境を作ってください。そのお手伝いをさせていただきます。
 井の中の蛙 大海を知らず という風土になっていませんか?私たちをうまく活用していただくと、世間の常識と貴社の常識の違いも分かると思います。

2017年度が始まりました

2017年4月18日
今年は毎月、ブログを書くといって中々書けていません。
理由は、色々あるのですが、パソコンが壊れて、修理に出したいので、1台追加し新しいパソコンを買ったのです。
メールの設定で、どこで間違ってしまったのか、いままでのデータが全部消えた。
バックアップは必要ですね。消えたのはoutlookのメールや連絡先だけだったので、なんとか復活しつつあります。
さて、頑張るぞ!


2017年の初め

2017年の初めから風邪のような・・?
そういえば、暮れに少し喉が痛かったような。
いまは、咳が出てしまいます。
病院へ行ったら、インフルエンザではないとのことで、一安心。
身体が資本の仕事。健康には気を付けたいです。

ブログを久々に書きます

 しばらく、書き込んでいませんでした。
本日、気づいたのですが1月以来です。
けっしてお休みしていたわけではありません。仕事が忙しかっただけです。
来年は、毎月、書けるように努力します。
嬉しいことに、仕事の依頼がちょこちょこと出てきて、資料作りやテキスト作りで
パソコンが独占されてしまいます。
毎年、新しいことに挑戦していきたいと思います。
以上

久々のツーリング

2016年1月4日
久しぶりにバイクを走らせました.
恒例の法多山参りです.
当日は雲一つない天気で,朝の気温は低かったが昼前には汗をかくくらいまで
上昇して,シートヒーターやグリップヒーターも不要でした.
ところが,この日を迎える2週間前,バッテリーを交換しました.
さらにクリスマスの25日,タイヤの空気が入らないことに気が付きました.
ホイールのバルブが根元で割れています.
急遽,ロードサービスでバイク屋に搬送してもらいました.
やはり,事前の準備と万が一のロードサービス保険は重要ですね.
安全も同じですね.つくづく感じた一日でした.久々に走ったら,疲れた!
以上

保全を専門とする人の安全

 保全を専門とする人は、安全装置をすべて無効にして修理を行わなければならない状況が発生します。
そこで、ケガをしないのか?そんなことありません。ケガも起こるはず。
 その保全員の安全を確保するには、どうしたらよいのだろうか。
すでに、タグアウト、ロックアウトという手法がありますが、それだけを忠実に行っていれば防げる事象と
タグアウト、ロックアウトが出来ない、又は有効でない作業があるはずです。
 そのような場合も含め、どうしたら安全に作業できるか?個人の注意力に頼った安全では、無理です。

もし、ご意見やアドバイスがあればください。

最近の出来事から

 また、東京へ通いだして、ふと思い出したニュースがありました。
それは、電車の中で、刃物を振り回して、その電車は急停止し、乗客がドアを開けて逃げた。
というものです。その後、その方は逮捕されたのですが、なぜ刃物を振り回したのか?
若者が、優先席に座ってスマホをいじっていたそうです。その電源を切れ!と注意したが
言うことを聞かなかったので、持っていた刃物で脅そうとしたとのこと。
 悪いのは、若者のほうなのに、と思いましたが、その若者はその後どうなったのでしょうか?
地下鉄の乗っても、優先席に優先的に座らなくてもいいような人が、堂々と座っています。
このニュースを聞いたあと、やはり、スマホをいたずらしている姿が気になってしまいます。
どこかの新聞社とかで、社会問題として取り上げないのでしょうか?
 まあ、こんな問題は小さなことで、もっと大きな問題が次々と起きているからなのかもしれません。
新幹線での焼身自殺、各地での火山活動、これで産業事故、大きな労働災害が起きなければいいが・・。

CSPとは

 2015年5月2日 生涯研修認定及び称号使用許可証が届きました。
CSP労働安全コンサルタントという称号です。以下、コンサルタント会の生涯研修の手引きより引用しています。
 「生涯研修制度は労働安全衛生コンサルタントの品位の保持,資質の向上および業務の進歩改善を図る ため,次に掲げるコンサルタントに必要な能力の向上を図り,社会に対する説明責任を果たすことを目 的とします。具体的には次に掲げる事項についての自己学習を図ることとします。」
(1)労働安全衛生コンサルタントとしての健全な倫理観の確立および公益の確保
(2)労働安全衛生コンサルタントとしての判断力,業務処理能力等の専門的能力の向上
(3)科学技術の進歩への対応能力の向上
(4)国際化および社会環境変化への対応能力の向上
(5)広く社会・人文科学への関心を涵養し,その造詣を深め,国際人としての資質の向上
 
ということで、5月より、CSPの称号を使用させていただきます。
今後も自己学習、研鑽を重ねることで、この称号を維持していくを皆様にお約束します。
以上

年度が終わります

2015年3月16日
今日は、3人目の孫の1歳の誕生日です。私の地域では一生(1升)餅といって、約1升の餅を背負わせて歩かせます。ところが、まだ一人で歩けないので、ハイハイするだけです。一生食べ物に困らないように、とか、いろいろな説があるようです。親は子供の将来にわたっての心配もするものです。
子供は、ハイハイから立ち上がり、歩くようになり、その間、痛い思いをして学習していくのだと思います。
この痛い思いは、第三者が与えるのでなく、自分自身で、テーブルと衝突したり、物を落としたり、または、自ら転落したりして体験します。幸いに赤ちゃんは身体も柔らかく、大人も十分配慮しているので、多くの幼児はこのような経験を重ね、大きなケガをせずに丈夫で元気に成長します。
安全も一人歩きできるような社員になるまでは、周囲の大人または事業主が配慮しないと、せっかくの命をなくしてしまうかもしれません。孫の成長をみながら、ふと思った一コマでした。

平成26年度の期末にきて、次年度の予定を立てていますが、なかなかバランス良くという訳にはいかないものです。
昨日で大学院の授業も終わり、いよいよ4月からは最終年度に入ります。プロジェクト研究の課題も考えなければなりません。 また、いろいろな講習や講演のための資料作りもやらなければなりません。
RSS

最新記事

今年の仕事始め
2017年が終わりますが・・
2017年度が始まりました
2017年の初め
ブログを久々に書きます
検索エンジンの供給元: